単利型商品とは?

要点整理

・単利型商品は、元本(最初に投資した資金)に対してのみ収益が計算される商品です。

 

・単利型商品の場合は、収益が加算されていきません。

 

・単利型商品の元利金合計額=元本+元本×利率×満期までの年数

単利型商品とは?

単利型商品というのは、
元本(当初投資した資金)に対してだけ
収益が計算される商品のことです。

 

代表的な商品としては、公社債や大口定期などがあります。

具体的には?

単利型商品の元利金合計額は、
次のような計算式で求めます。

単利型商品の元利金合計額=元本+元本×利率×満期までの年数

 

具体的には、仮に1,000万円の元本を
2年間で2%の単利型商品に投資したとします。
すると、

1,000万円×20%=20万円
1,000万円+(20万円×2年)=1,040万円

 

となり、税金を考慮しないと収益は毎年20万円、
受け取る元利合計額は1,040万円になります。

 

スポンサーリンク