固定金利型商品と変動金利型商品

要点整理

・固定金利型商品は、満期まで金利が変わらない商品です。

 

・変動金利型商品は、満期までの運用期間中に金融情勢によって金利が変わる商品です。

固定金利型商品とは?

固定金利型商品というのは、
資金を預入れたり投資したりした際の金利が、
満期まで変わらない商品のことです。

 

代表的なものとしては、定額貯金、固定金利定期預金、
利付金融債などがあります。

 

この固定金利型商品は、高金利時や金利が
下降局面にあるときに運用すると有利です。

 

反対に、低金利時や金利の上昇局面では
不利な金利にるので有利な運用はできません。

変動金利型商品とは?

変動金利型商品というのは、満期までの運用期間中に
金融情勢などによって金利が変わる商品のことです。

 

代表的なものとしては、
ヒット、貸付信託、変動金利定期預金などがあります。

 

この変動金利型商品は、金利上昇局面で運用すると有利です。

 

反対に金利の下降局面で運用すると、
金利もそれに応じて下がっていくので不利になります。

 

なお、商品によって金利の見直し、変更の期間が異なります。

 

スポンサーリンク