定期積金の特徴は?

要点整理

・定期積金は月掛け1,000円以上で積み立て、一定期間が終了した時点で積立金額を受け取る商品です。

 

・積み立て方法は、口座自動振替、来店、集金があります。

 

・マル優は利用できません。

定期積金とは?

定期積金は、月掛け1,000円以上で積み立て、
一般的に6か月から10年以内の一定期間が終了した時点で
積み立てた資金を受け取る商品です。

 

信用金庫、信用組合、JA(農協)などで取扱っています。

 

また、積立方法は、口座自動振替だけでなく、
来店、集金による方法もあります。

 

ちなみに、この商定期積金は一部解約はできません。

 

一般的には、12か月未満の解約では、普通預金利率が、
12か月以上の解約では、約定年利回り×0.60の利率が適用されます。

金利は?

金利は固定金利ですが、
契約期間によって金利は異なります。

 

一般的に金利は、1年物のスーパー定期の利率に連動して
毎月第1月曜日に変更されます。

税金は?

20%の源泉分離課税で、マル優は利用できません。

 

スポンサーリンク