貸付信託・ビッグの特徴は?

要点整理

・貸付信託は、預け入れた金銭が企業向けの貸出等で運用される変動金利商品です。

 

・ビッグは、半年ごとの配当を貸付信託で複利運用し、満期時に収益を一括で受け取る貸付信託です。

貸付信託・ビッグとは?

貸付信託・ビッグは、信託銀行で取扱っている商品で、
1万円以上1万円単位から預入が可能です。

 

預入期間は2年と5年の2種類あります。
どちらも原則として1年間は中途解約できません。

 

1年以降の解約については、解約手数料がかかります。

貸付信託・ビッグの金利は?

貸付信託・ビッグの金利は、変動金利となっています。

 

建前としては実績配当なのですが、
実際は予定配当率が示されて、決算時には
それに基づいた配当金が支払われる仕組みになっているんですね。

 

ちなみに、金利の設定日は月2回、5日と20日に行われて、
予定配当率は毎月6日と21日に変更されます。

 

すでに預けた分の予定配当率は、6か月ごとに見直されます。

利払いは?

貸付信託は、6か月に1回ずつの利払いで、
半年ごとにその都度受け取る方法と、
半年複利で運用して満期時に一括して受け取る方法があります。

 

他方、ビッグは半年ごとの配当金を
貸付信託に組み込んで複利で運用し、
満期時に一括して受けると仕組みになっています。

税金は?

20%の源泉分離課税で、マル優の利用ができます。

 

ちなみに、貸付信託は利払いの都度20%の源泉分離課税ですが、
ビッグは満期時一括課税になるので、税の繰り延べの効果が得られます。

 

スポンサーリンク