大口定期預金の特徴は?

要点整理

・大口定期預金は、1口1,000万円以上の定期預金です。

 

・大口定期預金は固定金利で、定期預金の中でも最も高い金利が設定されます。

大口定期預金とは?

大口定期預金は、銀行、信用金庫、信用組合
などで取扱われています。

 

具体的には、
市場金利を基準として自由に金利が設定される
1口1,000万円以上の定期預金です。

 

いつでも換金できますが、中途解約した場合には
中途解約率が適用されます。

 

預入期間は、一般的には1か月以上10年以下で
次のような方式があります。

■定型方式
・1か月、2か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、8年、9年、10年

 

■満期日指定方式
・1か月超10年未満で自由に満期日を指定

 

※金融機関によって異なる場合もあります。

金利・利払いは?

金利は固定金利で、単利型のみが一般的です。

 

また、原則として毎週月曜日に金利が変更されますが、
銀行などの店頭に掲示されている金利は最低適用利率なので、
実際には相対交渉によって適用利率は決定されます。

 

利払いは、預入期間が2年以上のものには
中間利払いがあります。

税金は?

20%の源泉分離課税で、マル優は利用できません。

 

スポンサーリンク