外国為替証拠金取引(FX)の追加証拠金・強制ロスカットとは?

要点整理

・追加証拠金は、担保の補強のことです。

 

・強制ロスカットは、強制的に保有通貨を決済し損失を確定してしまうことです。

追加証拠金とは?

追加証拠金というのは、評価損が発生している場合に、
取引を継続するために行う担保の補強のことをいいます。

 

もしも、追加で証拠金を預託しなければ、
その後、強制ロスカットが行われてしまいますので
注意してくださいね。

 

一般的には、時価評価を行った時点の口座精算価値が、
必要証拠金維持率の25%を下回った場合に行われます。

 

※追加証拠金に対する必要証拠金維持率は取引業者によって異なります。

強制ロスカットとは?

評価損が発生して
証拠金維持率が一定レベルを下回った場合、
取引業者が強制的に反対売買を行って決済し、
保有している通貨の損失を確定してしまうことをいいます。

 

一般的には、
時価評価を行った時点の口座精算価値が、
必要証拠金維持率の25%を下回った場合に行われます。

 

※強制ロスカットに対する必要証拠金維持率は取引業者によって異なります。

 

スポンサーリンク