外国為替証拠金取引(FX)のスプレッドとは?

要点整理

・スプレッドは売値Bidと買値Askとの差をいいます。

 

・スプレッドは外国為替証拠金取引(FX)の取引業者によって異なります。

スプレッドとは?

スプレッドとは、売値Bidと買値Ask(またはオファー)
との差のことをいいます。

 

外国為替証拠金取引(FX)をする際、
画面上にBid、Askというのがあると思います。

 

具体的にはドル円で、画面に
Bidが115.05、Askが115.09などと表示されていたら、
それは、今ドルを115.09円で買えます、
今ドルを115.05円で売れますということを表しています。

 

なので、もしドルを買ってすぐに売った場合は、
0.03円の損失が発生します。
これがスプレッドです。

 

為替レートは外国為替市場では常に変動していますが、
銀行などはその市場の動向に対応してスプレッドを決めています。

 

ちなみに、手数料とスプレッドの合計よりも
多くの含み益が出ているときに決済すれば、
利益を出すことができます。

スプレッドは一般的にはどれくらい?

このスプレッドは取引業者によって異なりますが、
0.03円から0.05円のスプレッドが一般的です。

 

また、通貨ペア(通貨の組合せのことです)
によっても異なります。

 

一般的に、ニュージーランド・ドル/円の場合は、
0.08円程度必要です。

 

スポンサーリンク