外国為替証拠金取引(FX)で円通貨へのリスクヘッジ

要点整理

・日本の国家財政は、先進諸国の中で最も深刻な状況です。

 

・外国為替証拠金取引(FX)で外国通貨を保有することで、円通貨の価値急落リスクを回避できます。

 

・預金封鎖とデノミについて

外国為替証拠金取引(FX)で円通貨へのリスクヘッジをするとは?

ニュース等でも話題になっていますが、
現在の日本の国家財政は先進国の中で最も深刻な状況です。

 

解決策はデノミか預金封鎖かなどとまことしやかに囁かれています。

 

もちろん、それが現実になるかどうかは誰にもわからないわけです。

 

でも、もしそこまでいかなくても、
円の価値が急落した場合に円通貨しかもっていなかったら、
日本の円の急落とともに資産を失うことになってしまいます。

 

株であれ、現金であれ、円通貨での資産というのは、
あくまでも日本という国家の信用があってこそのものですから・・・

 

そこで外国為替証拠金取引(FX)を利用して
外国通貨を保有することで、
そうしたリスクをヘッジ(回避)することができるのです。

預金封鎖とは?

預金封鎖というのは、
政府が借金で首が回らなくなったときに強引にとる手法で、
ある日突然銀行からお金をおろせなくする方法です。

 

預金封鎖を行った後、通貨の価値を下げる政策がとられます。

 

最近でも他国で行われていますし、
過去には日本でも行われました。

 

現在日本の借金は1000兆円を超えるわけですから、
今後絶対にあり得ないとはいえないと思われます。

デノミとは?

正式にはデノミネーションといって、
通貨の単位を切り下げることをいいます。

 

これは、たとえばハイパーインフレが進んで
かけそば1杯が100万円になったときなどに、
1万円札を100枚で支払うのは面倒なので、
政府が100万円の価値のある新しい紙幣を発行することです。

 

つまり、これは旧紙幣と新紙幣を交換することなのですが、
このとき金融資産しかもっていないと
資産が急激に減ってしまうことになるのです。

 

一般的にはこの政策は預金封鎖後に行われます。

 

スポンサーリンク