外国為替証拠金取引によるキャピタルゲイン型投資とは?

要点整理

・キャピタルゲイン型投資は、為替レートンの変動にを利用してキャピタルゲイン(為替売買益)を狙う投資です。

 

・キャピタルゲイン型投資は、安く買って高く売るのが基本です。

外国為替証拠金取引によるキャピタルゲイン型投資とは?

キャピタルゲイン(capital gain)は、
価格変動を利用した売買手法で得た利益のことです。

 

外国為替証拠金取引(FX)の場合は、
為替レートの変動を利用して利益を得ることなので、
日本語では為替売買益とも言われます。

 

キャピタルゲイン投資は、
「安く買って高く売る」のが基本になります。

 

為替の変動率は通貨によって全く異なるので、
各通貨ごとの特徴を捉えておくことが大切です。

 

一般的には、変動率の高い通貨としては、
ポンドなどがあります。

具体的には?

たとえば、レバレッジを考えないで、
100万円を元手に1ドルが100円のときにドルを買ったとします。

 

すると、100万円÷100円=1万なので、
1万ドルを保有することができます。

 

その後、1ドルが120円まで上昇すると保有しているドルは、
1万×120円=120万円になりますので、
120万円−100万円=20万円のように20万円の利益を得ることができます。

 

これ以外に、
保有期間中のスワップ金利を受け取ることもできます。

 

この手法は、
円高時にドルを買い円安が進んだときにドルを売る方法なので、
今後円安に進みそうだぞという状況のときに有効な手法です。

 

スポンサーリンク

高く売って安く買うという取引もあるの?

はじめに売るという取引は、あまりなじみがないので想像しづらいかもしれませんが、外国為替証拠金取引(FX)の場合にはそういった取引もできます。

 

具体的には、次のような取引になります。

 

現在円安で1ドル=135円だったとします。レバレッジをかけずに、100万円を元手にドルを売ったとすると、135円×100万円=135万円、になります。

 

その後、1ドル100円の円高になったときにドルを買うと、100円×100万円=100万円になり、135万円−100万円=35万円の利益を得ることができます。

 

どうしてこんなことができるのかというと、売るときに持っていない通貨は借りることができるのです。

 

持っていない通貨は“借りてきて売る”とイメージするとよいかもしれません。

 

実際、このドルを借りている期間は、スワップ金利を支払う、つまり利息を払わなくてはならないのです。

 

なので、高金利通貨の売りから入る場合には、その期間が長くなると支払う金利もばかになりませんので注意しなくてはいけません。

 

外国為替証拠金取引(FX)では、買いから入ることをロング、売りから入ることをショートというのですが、このショートというのは、売りから入った場合には長く持てないからというのを聞いたことがあります。

 

スポンサーリンク