外国為替相場はどのように作られるの?

要点整理

・外貨が下落していくときには、アスクプライスで取引が成立し、より低いアスクプライスにシフトしていきます。

 

・外貨が上昇していくときには、ビッドプライスで取引が成立し、より高いビッドプライスにシフトしていきます。

外国為替相場はどのように作られるの?

為替相場の形成というのは、
ビッドプライスとアスクプライス(オファープライス)
によって形成されていきます。

 

よくニュースなどで
「為替レートはA円からB円の間で取引されている(A<B)」
と報じられるのは、実はこれはこのことをいっています。

 

具体的にいうとこれは、インターバンク市場において、
一番安い価格でその外貨を売りたいという参加者が
B円で売りたいという状況であり、

 

一番高い価格でその外貨を買いたいという参加者が
A円で買いたいということをいっているのです。

 

この場合は、Aがビッドプライス(Bid Price)、
Bをアスクプライス(Ask Price)
またはオファープライス(Offer Price)といいます。

外貨の下落と上昇について

上記の例でいうと、外貨の下落場面では、
一番高い価格で買いたいAで取引が成立し、
ビッドプライスAはAより安いA'に変更されます(A>A')。

 

それに対応して、
アスクプライスBもBより低いB'に変更されます(B>B')。

 

また、外貨の上昇場面では、
一番安い価格で売りたいBで取引が成立し、
アスクプライスBはBより高いB''に変更されます(B>B'')。

 

それに対応して、
ビッドプライスAもAよりも高いA''に変更されます(A>A'')。

ビッドプライスとアスクプライスの差について

ビッドプライスとアスクプライスには差がありますが、
一定ではありません。

 

これは取引量によって異なるからで、
一般的には取引参加者が少なくなるとその差が広がっていきます。

 

米ドルは取引量が多いですが、
それでも最低5〜10銭程度はあります。

 

ビッドプライスとアスクプライスの差が大きいということは、
取引参加者が少ないということですから、
流動性リスクが大きくなるといえます。

 

スポンサーリンク