外国債券の売買益や償還差益の税金は?

要点整理

・外国債券の売買益は、原則として非課税です。

 

・外国債券の償還差益は、雑所得として総合課税されます。

外国債券の売買益に対する税金は?

外国債券の売買益に対する税金は、国内債権と同様、
原則として非課税です(新株予約券付社債等は除きます)

 

ただし、ストリップス債やゼロクーポン債などの割引債の売買益は
譲渡所得として総合課税されます。

 

譲渡所得については次のように、長期と短期に分けて課税されます。

■長期譲渡=所有期間が5年超
この場合は、(譲渡益−50万円)×1/2 が課税対象です。

 

■短期譲渡=所有期間が5年以下
この場合は、(譲渡益−50万円)が課税対象です。

 

※ストリップス債
…利付債権である米国国債を元本部分とクーポン(利札)部分に切り離して、それぞれを割引債として売買するものです。

外国債券の償還差益に対する税金は?

外国債券の償還差益は雑所得として総合課税されます。
これは、利付債や割引債を問いません。

 

通常、日本の割引債の償還差益の場合は、
発行時に18%の税金が源泉徴収されているのですよね。

 

ですが、外国債券の償還差益の場合は源泉徴収されないので、
満期償還時に雑所得として総合課税の対象になります。

 

スポンサーリンク