特約付きの外貨預金とは?

要点整理

・特約付きの外貨預金は、外貨預金に通貨オプションなどを組み合わせたものです。

 

・特約付きの外貨預金には、円高リスク低減型、円高ヘッジ型、レンジ予約付き外貨預金、為替予約消滅条件付外貨預金などが代表的です。

特約付きの外貨預金とは?

特約付きの外貨預金とは、
外貨預金に通貨オプションなどを組み合わせたものです。

 

最近では、為替特約付定期預金などのように、
定期預金でも高金利がねらえる商品が増えている傾向にあります。

 

具体的には、特約付きの外貨預金の代表的なものとしては、
次のようなタイプに分類されます。

■円高リスク低減型
このタイプは、円安に進んだ場合には
円ベースの利回りは一定のところまで行くと頭打ちになります。

 

しかしながら、円高に進んだ場合には、
通常の外貨預金よりも為替差損を少なくできます。

 

■円高ヘッジ型
文字通り、円高に進んだ場合には損失額が一定額ですみます。

 

そのかわり、円安に進んだ場合には
通常の外貨預金よりはやや利回りが低くなるというものです。

 

為替変動に対するリスクヘッジをとりつつ
円安のメリットも受けられるというタイプです。

 

■レンジ予約付き外貨預金
このタイプの外貨預金は、円ベースの利回りが一定の範囲に納まります。

 

なので、円高が進んでも円ベースの利回りは○%で歯止めがかかるかわりに、
円安が進んでも円ベースの利回りは○%で頭打ちになります。

 

■為替予約消滅条件付外貨預金
このタイプは、預入れた期間に、
為替レートが預入時に定めた円高水準に一度も到達しなかった場合には、
預入時に定めた為替レートで円に交換された元利金を受け取れるので、
円ベースでは高利回りを享受できます。

 

ただし、為替レートが一度でも預入時に定めれた円高水準に到達してしまうと、
元利金は外貨建で支払われます。

 

スポンサーリンク