外貨預金のメリットとデメリットは?

要点整理

・外貨預金のメリットとしては、高金利・為替差益の享受があります。

 

・外貨預金のデメリットとしては、為替差損のリスク・預金保険制度の
保護対象外ということがあげられます。

外貨預金のメリットは?

外貨預金のメリットとしては、高金利通貨に投資することによって、
高い利息を受け取れることがあげられます。

 

わが国では、超低金利政策が続いていますよね。

 

なので、他国との金利差拡大による高金利をねらって
商品を購入される方も多いのではないでしょうか?

 

また、為替相場の変動によっては、
為替差益のメリットを享受することもできます。

 

さらに、単一通貨のみで資産を保有することと比較して、
国際レベルでの分散投資が図れるといったメリットもあります。

外貨預金のデメリットは?

外貨預金は、円貨を外貨に換えて預入をし、
満期になったときに外貨を円貨に換えて引き出します。

 

なので、預入時と引出時の為替相場の変動により
為替差損が生じることが外貨預金の一番のリスクです。

 

預入時より引出時のほうが円安になっていれば為替差益が得られますが、
反対に円高になっていると為替差損が生じてしまうからです。

 

為替差損が発生し、
円ベースで元本割れすることも十分考えられます。

 

ただし、こうしたリスクを避けるために、
為替先物予約をつけて実質利回りを確保する方法もあります。

 

また、日本と外国の金利差が縮小してしまうと、
最大のメリットであった高金利というものも少なくなってしまうという
デメリットがあります。

 

さらに、最近ではFX(外国為替証拠金取引)が人気を集めています。

 

こちらで取引すると手数料がはるかに安いので、
外貨預金のメリットはますます少なくなっています。

 

ちなみに、FX(外国為替証拠金取引)は、
担保の何倍ものレバレッジをかけて取引することができる
先物取引の一種です。

 

でも、1倍で取引することも可能なんですね。

 

その場合には外貨預金をしているのと全く同じといえますので、
手数料が5分の1から10分の1くらい安くなります。

 

最後に、外貨預金が預金保険制度の保護の対象外である
という点もデメリットといえます。

 

スポンサーリンク