外貨預金とは?

要点整理

・外貨預金とは、米ドルなどの外貨建で預金を行うことです。

 

・外貨預金の利率は各国の通貨の市場金利をもとに決まります。

 

・外貨預金は銀行などで取扱っています。

外貨預金とは?

外貨預金というのは、
外貨建てで行う預金のことです。

 

一般的には、
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどがありますが、
外貨の種類に特に制限はありません。

 

円でする預金と、基本的な仕組みは同じです。

 

外貨預金には、円預金と同じように、
普通預金、当座預金、定期預金、通知預金があります。

 

でも、個人の預入れは、
一般的には、円で外貨を買い普通預金と
定期預金にするケースがほとんどです。

 

ちなみに、金利は
各国の通貨の母国の金利水準が反映されます。

 

なお、預入期間中の為替相場の変動で、
為替差損が生じるリスクがあります。

どこで取扱っているの?

外貨預金は、外国銀行、都市銀行、信託銀行、
地方銀行、長期信用銀行、信用金庫などで取扱っています。

 

外資系の銀行では、
本国通貨を主力として取扱っているところもあります。

 

主な国内銀行では、米ドル、ユーロ、英ポンド、
スイスフランなどの主要通貨のみを取扱っているようです。

 

スポンサーリンク