金融商品は収益性・安全性・流動性で選ぶ?

要点整理

・金融商品は収益性・安全性・流動性のポイントに基づいて選択します。
・収益性とは取引コストを差し引いた実質利回りの高さのことです。
・安全性とは元本や利回りが確実かどうかということです。
・流動性とは現金にしたいときにいつでもできるかということです。

収益性とは?

収益性というのは、金融商品を運用して
元本に対してどれくらいの収益が得られるかということです。

 

収益性の判断基準になるのは年利率ですが、
判断にあたっては単に表面利率だけをみるのではなく、
単利運用の商品なのか複利運用の商品なのかなども考慮した
年利回りによって比較することが大切です。

安全性とは?

安全性というのは、元本が保証されているかや
利回りが確実かどうかといったことです。

 

日本では安全性を重視した運用が好まれているようです。

 

安全性は、収益性と二律背反の関係にありますので、
一般に安全性が高ければ収益性は低く、
収益性が高ければ安全性が低くなります。

 

ちなみに、2004年4月にペイオフが解禁されて、
1金融機関につき保証されるのは
1人当たり元本1,000万円までとその利息になりました。

 

なので、預貯金を安全性の面から
再検討してみる必要もあるかもしれません。

流動性とは?

流動性とは換金性のことです。

 

つまり、現金に換金したいときに
いつでも容易にできるかということです。

 

資産を運用するのはお金を増やすためですが、
その増やしたお金を使いたいときに使うことができなければ
本末転倒ですよね。

 

なので、運用期間が長すぎたり、
万が一の際に中途での換金ができない商品は注意が必要です。

 

流動性が高い商品といえるのは、
満期までの期間が短いものや
中途での換金が可能なもののことです。

 

スポンサーリンク