預金保険制度で保護されない1000万円を超える分はどうなるの?

要点整理

・預金保険制度で保護されるのは、1人につき元本1,000万円とその利息が上限です。

 

・1,000万円を超える部分とその利息は、精算配当というかたちで支払われます。

 

・外貨預金は対象外です。

預金保険制度で保護されない1,000万円を超える分はどうなるの?

預金保険制度で保護されない
1,000万円を超える分とその利息については、
「精算配当」というかたちで支払われることになるんですよね。

 

ちなみに、この金額については、
破綻した金融機関の財産の状況によります。

 

ただし、精算までかなりの時間がかかるので、
通常は、預金等債権の買取制度によって支払が行われます。

 

それから、外貨預金については、
預金保険制度の対象外ですから注意が必要ですね。

 

また、日本に本店のない外国銀行の支店や、
日本に本店のある銀行等であっても
海外の支店であれば対象にはなりませんので、
こちらについても注意が必要です。

預金等債権の買取制度とは?

預金等債権の買取制度は、
破綻した金融機関の精算には通常時間がかかるので、

 

預金者からの請求に基づいて
預金等を買い取るかたちで
支払ができるようになっている制度のことです。

 

この場合、破綻した金融機関について破産手続が行われると、
精算見込み額(弁済が見込まれる金額)をもとに
概算払い率(0%〜100%)が決められます。

 

そして、それに応じて一定率が支払われることになります。
ただし、これはあくまでも見込みの額なのでよね。

 

なので、もし預金保険機構が回収した額が経費などを差し引いても
精算見込み額より多い場合には、その分の精算払いが行われます。

 

スポンサーリンク