付保預金と付保対象外預金とは?

要点整理

・付保預金とは、
預金保険の対象になる預金等のことをいいます。

 

・付保対象外預金とは、
預金保険の対象にならない預金等のことをいいます。

付保預金とは?

付保預金とは、預金保険の対象になる預金等のことで、
おおよそ次のようなものです。

●預金…当座預金、普通預金、別段預金、通知預金、納税準備預金、貯蓄預金、定期預金

 

●定期積金など…定期積金、掛金

 

●元本補填契約のある金銭信託…ワイド、ビッグなどの貸付信託を含みます。

 

●金融債…利付金融債、割引金融債、ワイドなどの保護預かり専用商品に限ります。

 

上記のものを用いた積立・財形貯蓄商品・確定拠出年金の積立金の運用に係る預金等

付保対象外預金とは?

付保対象外預金とは、
預金保険の対象にならない預金等のことで、
おおよそ次のようなものです。

●外貨預金、譲渡性預金、オフショア預金、元本補填契約のない金銭信託(ヒット、スーパーヒット、実績配当型金銭信託)、金融債(保護預かり専用商品以外のもの)、投資証券、抵当証券

 

●日本銀行の預金(国庫金を除きます)、対象金融機関の預金(確定拠出年金の積立金の運用に係る預金を除きます)、預金保険機構の預金

 

●無記名預金、他人名義預金(架空名義預金を含みます)、導入預金など

 

ちなみに、
農協(JA)や水産加工協等の系統金融機関の貯金は、
農水産業協同組合貯金保険機構により同様の保護がなされますので、
預金保険制度による保護はされません。

 

スポンサーリンク