金利と為替相場の関係は?

要点整理

・為替相場が円高になると、物価が下がり金利も下がります。

 

・日本と外国との金利差によって、外国の金利が上昇すると円安に進みます。

金利と為替相場の関係は?

外国為替相場というのは、
通貨の交換価値を示すものですが、
為替は物価や金利と密接に関係しています。

 

まず、為替相場が円高になると、
海外からの原材料や食料品、
石油などの輸入品が値下がりしますので、
物価が下がります。

 

物価の下落は金利の低下につながりますので、
為替相場の円高は金利の低下につながるのです。

 

逆に、為替相場が円安になると、
海外からの原材料や食料品、石油などの輸入品が値上がりし、
物価が上昇します。

 

物価の上昇は金利の上昇につながりますので、
為替相場の円安は金利の上昇を引き起こすのです。

 

スポンサーリンク

日本と外国との金利差は?

日本と外国に金利差があると、
日本と外国とでお金が移動したり為替が変動したりするので、
日本の金利に影響を及ぼします。

 

以下のように、具体的に、
円通貨と米ドルで考えてみるとわかりやすいですよ。

 

米国の金利が上昇したり日本の金利が下降したりして
日米金利差が拡大すると、
日本の金融商品に投資するよりも
米国の金融商品に投資をする方が有利になりますよね。

 

なので、円をドルに換えて米国の金融商品を購入しようと
円売り・ドル買いが進みます。

 

この結果、日本から米国にお金が流出し、
ドル高円安になっていくわけです。

 

反対に、日本の金利が上昇したり米国の金利が下降したりして
日米金利差が拡大すると、
米国の金融商品に投資するよりも
日本の金融商品に投資をする方が有利になりますよね。

 

なので、ドルを円に換えて日本の金融商品を購入しようとする
円買い・ドル売りが進みます。

 

この結果、米国から日本にお金が流入し、
円高ドル安になっていくわけです。

 

スポンサーリンク