為替レートと景気の関係は(企業編)?

要点整理

・円安局面では、輸出企業の収益増加は景気にプラスに作用しますが、
輸入品価格の引上げによる物価の上昇が景気にマイナスに作用します。

 

・円高局面では、輸出企業の収益悪化は景気にマイナスに作用しますが、
輸入品の国内需要拡大は景気にプラスに作用します。

為替レートと円安局面

為替が1ドル100円のときに、
10億円の輸出売上がある企業があるとしますよね。

 

そうすると、この企業は、円安によって
1ドル120円になるとどうなるでしょうか?

 

ドルベースでの売上は変わりませんが、
円ベースでは12億円の売上です。

 

為替レートが変わっただけで
2億円売上が増大しました。

 

このように、円安というのは、
日本の輸出企業の競争力を高めるので、
景気にプラスの影響を与えるのですね。

 

しかしながら、反対に輸入品の価格が高くなりますので、
輸入企業にとっては減益に作用します。

 

また、輸入品の価格上昇によって国内の物価が上昇し、
その影響で国内金利の上昇をも招くこともあり、
これは景気にマイナスに作用します。

 

スポンサーリンク

為替レートと円高局面

次に、為替が1ドル120円のときに
12億円の輸出売上がある企業があるとします。

 

さて、この企業は、円高によって
1ドル100円になるとどうなるでしょうか?

 

ドルベースでの売上は変わりませんが、
円ベースでは10億円になってしまいます。

 

つまり、円高は輸出企業の競争力を低下させてしまうのです。

 

この輸出企業の収益悪化が、
景気にはマイナスに作用します。

 

しかしながら、輸入品の価格は安くなりますので、
それが輸入品の国内需要を拡大させ
景気にプラスに作用する側面もあるのです。

 

このように、為替レートと景気の関係は、
プラスに作用する側面とマイナスに作用する側面が両方存在します。

 

GDP(国内総生産)を計算するときに、
純輸出(輸出−輸入)が含まれているのはそのためといえます。

 

スポンサーリンク