為替レートと物価の関係は?

要点整理

・一般的には、日本の物価が上昇すると円安になります。
・反対に、日本の物価が下落すると円高になります。
・長期的なトレンドの説明には購買力平価説があります。

為替レートと物価の関係は?

為替レートと物価も密接な関係があるんですよ。

 

たとえば、日本とアメリカとで
全く同じハンバーガーを購入できるとします。

●1ドル=100円のとき
日本では100円で1個買うことができ、アメリカでは1ドルで1個買うことができます。

 

●日本の物価が上昇して日本のハンバーガーが115円になったとき
日本では115円出さないと1個のハンバーガーは買えませんが、アメリカでは1ドルで1個買うことができます。

 

このように、日本の物価が上昇したときには、
1ドル=115円、すなわち1ドルが115円の価値を持つことになります。

 

これは、円の価値が小さくなった
(100円で買えたものが、115円出さないと買えなくなった)、
つまり、為替は円安・ドル高になったということができるのですね。

 

一般的には、日本の物価が上昇すると円安・ドル高に、
反対に物価が下落すると円高・ドル安になります。

 

スポンサーリンク

購買力平価説とは?

物価が上昇すると円安ドル高が進みやすく、
物価が下落すると円高ドル安が進みやすい
というのが一般的にはいわれていますよね。

 

これは「購買力平価説」という考え方に基づいているんです。

 

この「購買力平価説」という考え方は、
長期的な為替トレンドを説明する際にはよく用いられますので、
覚えておくと良いと思います。

 

購買力平価説というのは、

2国間の為替レートは、各国通貨の購買力が等しくなるように決定されたものであり、さらに通貨の購買力は、その国の物価水準の逆数に比例する

という考え方です。

 

もう少し簡単にいうと、購買力平価説は、
“同じものだったら、日本でも外国でも価値は同じ”
ということを言っているんですね。

 

たとえば、米国でハンバーガーが2ドル、日本では200円、
ハンバーガーは同じものだと仮定すると、
2ドル=200円ということになりますよね。

 

なので、ここから1ドル=100円が導き出されるわけです。
これが基本的な購買力平価の考え方なんです。

 

ただし、これはあくまでも理論の1つなので、
市場(マーケット)がこの理論どおりに動くわけではありません。

 

とはいえ、中長期的な為替相場の動向を見る際には、
多くの為替ディーラーがこの考え方を支柱に据えているということを考えてみても、
参考にする価値はあると思いますよ。

 

スポンサーリンク