為替レートと景気の関係は(投資編)?

要点整理

・景気と為替は密接な関係がありますので変動要因になります。
・景気が上昇し金利も上昇すると円高・ドル安になります。
・景気が後退し金利が下がると円安・ドル高になります。

為替レートと景気の関係は?

為替の変動は景気の影響を受けますので、
特に注意しなければなりません。

 

一般的には、景気が上昇すると金利も上昇しますよね。

 

金利が上昇すると、円を買う動きが活発化するので、
円高・ドル安になります。

 

また、景気の拡大によって、海外からの資本移動が活発になるので、
円高・ドル安になります。

 

反対に、景気が後退すると金利は下落します。

 

金利が下落すると、円を売る動きが活発化するので、
円安・ドル高になります。

もう少し具体的な為替レートと景気の関係は?

もう少し、具体的に説明しますと、
日本の景気が上昇すると金利も上昇しますよね。

 

これは、日本の預金等や国債の金利が上昇することを意味します。

 

当然、こうした日本の金融商品の金利が上昇すれば、
そんな魅力的な商品を海外の投資家も放っておきません。

 

結果、これらの商品に投資するために
ドルを売って円を買う動きが活発になるのです。

 

つまり円の需要が増え、円高・ドル安になるのです。

 

一方で、景気の拡大は、
海外からの資本の移動を活発にしますよね。

 

資本の移動というのは、たとえば海外の民間企業が、
日本に支店や駐在員事務所を開設したりすることです。

 

これらの活動が活発になることで円が買われます。
すなわち、円高・ドル安になるのです。

反対に、景気が後退するとどうなるでしょうか?

この場合は金利が下落しますので、
当然日本の金融商品の金利も下がり、
商品の魅力が薄くなっていきます。

 

すると、円を売る動きが活発になりますので、
円安・ドル高になっていきます。

 

スポンサーリンク