外貨建商品のメリット・デメリット

要点整理

・外貨建商品の選択の際は、金利差、為替手数料、為替変動を総合的に考慮しましょう。

 

・外貨建商品に投資する際には、為替変動を考慮し、経済・金融情勢に対応した投資戦略を立てましょう。

 

・ポートフォリオ全体に占める外貨建商品の保有比率も重要です。

外貨建商品は金利が魅力?

日本は超低金利政策が続いていますので、
外貨建商品における金利を目当てに
投資をしようと考える人も多いようですね。

 

でも、単に金利が高いということだけで、
外貨建商品に投資するのは危険なんですよ。

 

なぜなら、2国間の金利を比較する場合には、
相手の国のインフレ率が重要になってくるからですね。

 

その国のインフレ率が高いということは、
その通貨に対する円レートが高くなることを意味します。

 

また、高金利通貨には、
カントリーリスクが織込まれている可能性もあります。

 

一般的に、外貨建商品は高利回りだという認識があるかもしれませんが、
これも景気が世界的な下降期に入ると各国はこぞって金利を下げてきます。

 

なので、そういったことも十分留意しなくてはなりません。

 

たとえば米国は、2001年には11回も利下げを行っていますが、
その時は日米金利差が急激に縮小していました。

 

近年は、その後の米国の利上げによって、
日米金利差はかなり拡大していますが、
またいつそういう状況になるかどうかはわかりませんからね。

 

よって、外貨建商品を選択する際には、金利差だけでなく、
為替手数料や為替変動なども総合的に考慮するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

為替の変動について

為替の変動は、
どの外貨建商品にも共通していえることなのですが、

 

為替レートが円高に触れれば、
金利などあっという間に吹き飛んでしまうくらいの
為替差損が発生する可能性があります。

 

なので、世界経済や金融情勢に対応した
投資戦略をとることが重要になってきます。

効率的な分散投資ができる?

ポートフォリオに、国内商品だけでなく、
経済環境の異なる外貨建商品を入れることで、
効率的な国際分散投資ができます。

 

これにより、
投資リスクを軽減することができるようになるんですね。

 

ちなみに、これまで米ドル中心だった外貨運用から、
最近ではユーロが注目されています。

 

こういった状況にも対応し、
ポートフォリオ全体に占める外貨建商品の保有比率にも
注意してみるとよいと思います。

 

スポンサーリンク