TTSとTTBとは?

要点整理

・TTSは、銀行が顧客に外貨を売るときの相場をいいます。

 

・RRBは、銀行が顧客から外貨を買取るときの相場をいいます。

銀行の顧客に対する為替レートについて

外貨建の商品を購入するときには、
円貨を外貨に換えて購入しますよね。

 

また、利払や満期償還、途中売却によって外貨を受け取ったときには、
円貨に換えて受け取るわけです。

 

これらは、その時点の円対外貨の交換比率で行われるのですが、
これを一般に「為替レート」といいます。

 

また、この為替レートは、24時間常に変化しています。

 

日本では、為替レートの基準になるのが
東京外国為替市場の円相場であり、
これが銀行間で取引される為替レート市場となります。

 

そして、この為替レートをもとに
顧客に対する為替レートが決められます。

 

この顧客に対する為替レートがTTS、TTBということになるんですね。

TTS、TTBとは?

銀行などの金融機関は、その日の円貨を外貨に換えるレートと、
外貨を円貨に換えるレートを実勢相場をもとにして決定しています。

 

そして、金融機関が顧客に外貨を売るときの相場を
TTS(対顧客電信売相場 Telegraphic Transfer Selling rate)といいます。

 

一方、金融機関が顧客から外貨を買い取る相場を
TTB(対顧客電信買相場 Telegraphic Transfer Buying rate)といいます。

 

TTSは、顧客は円貨を支払って外貨を購入しているのですが、
金融機関側からみると外貨を売っていることになります。

 

それ故、「売相場」と呼ばれるんですね。

 

同様に、TTBは、顧客は外貨を支払って円貨を購入しているのですが、
金融機関側からみると外貨を購入していることになりますので、
この場合は、「買相場」と呼ばれているわけです。

具体的にTTSとは?

たとえば、米ドルで、
その日の金融機関同士で取引される為替レートが
1ドル=115円だとすると、
TTSはこれに1円プラスした116円になります。

 

TTBはこれから1円マイナスした114円になります。

 

この1円が為替手数料であり、
金融機関の収益になるのですね。

 

なお、一般的に外貨建MMFは、
外貨預金よりは為替手数料が低くなっています。

TTS、TTBの差はどれくらい?

TTS、TTBの差は、金融機関によっても異なりますが、
通常は米ドルで2円、英ポンドで8円です。

 

スポンサーリンク