外貨建商品は難しい?

要点整理

・国内の金融資産とあまり変わりません。

 

・外為法の改正以降、個人投資家も簡単に扱えるようになっています。

外貨建商品は難しい?

外貨建商品というのは、
1998年の外為法が改正される以前は、
どちらかというと、機関投資家などが中心に取引をしている
といった状況にあったんですよね。

 

しかしながら、外為法が改正されてからは、
個人投資家も気軽に取引できるようになり、
現在は、その取引量も増加傾向にあります。

 

わが国では、
当面の間超低金利政策が継続していくと考えられますので、
外貨建商品への投資は、
今後もますます増えていくものと思われます。

 

外貨建商品が国内金融商品に比べて
特段難しいということはありません。

 

とはいえ、各商品固有の変動だけでなく、
為替相場の変動の影響を受ける商品であるということは事実です。

 

各商品の知識に加え、
特にリスクに対する認識が重要になってきますね。

外貨建商品とは?

外貨建商品にも国内の金融商品と同じように、
株式、債券、預金、投資信託などがあるんですよ。

 

そして、これらの商品が、当然ながら円ではなく、
米ドル、ユーロ、ポンドなど各国の通貨で売買されることになるわけです。

 

ちなみに、これらの外貨建商品は、所在地によって
国内と国外に分かれます。

 

※国内…国内金融機関店舗に預ける外貨預金などです。
※国外…外国の金融機関店舗に預ける外国通貨での預金などです。

 

スポンサーリンク