外貨建商品の基礎知識

外貨建商品の基礎知識記事一覧

外貨建商品は難しい?

・国内の金融資産とあまり変わりません。・外為法の改正以降、個人投資家も簡単に扱えるようになっています。

≫続きを読む

 

TTSとTTBとは?

・TTSは、銀行が顧客に外貨を売るときの相場をいいます。・RRBは、銀行が顧客から外貨を買取るときの相場をいいます。

≫続きを読む

 

外貨建商品のメリット・デメリット

・外貨建商品の選択の際は、金利差、為替手数料、為替変動を総合的に考慮しましょう。・外貨建商品に投資する際には、為替変動を考慮し、経済・金融情勢に対応した投資戦略を立てましょう。・ポートフォリオ全体に占める外貨建商品の保有比率も重要です。

≫続きを読む

 

外貨建商品のリスクとは?

・外貨建商品には、為替変動による為替リスクがあります。・満期時に為替レートが円高に振れると、元本割れをしてしまう可能性もあります。・資産全体のバランスから外貨建商品を組み入れるのが理想的です。

≫続きを読む

 

外国為替売買とユーロ

・ユーロは現在では米国に比肩する大経済圏です。・円相場を考える上では、米ドル、ユーロとの対比が重要です。

≫続きを読む

 

為替レートと景気の関係は(投資編)?

・景気と為替は密接な関係がありますので変動要因になります。・景気が上昇し金利も上昇すると円高・ドル安になります。・景気が後退し金利が下がると円安・ドル高になります。

≫続きを読む

 

為替レートと物価の関係は?

・一般的には、日本の物価が上昇すると円安になります。・反対に、日本の物価が下落すると円高になります。・長期的なトレンドの説明には購買力平価説があります。

≫続きを読む

 

為替レートと景気の関係は(企業編)?

・円安局面では、輸出企業の収益増加は景気にプラスに作用しますが、輸入品価格の引上げによる物価の上昇が景気にマイナスに作用します。・円高局面では、輸出企業の収益悪化は景気にマイナスに作用しますが、輸入品の国内需要拡大は景気にプラスに作用します。

≫続きを読む

 

景気と金利のメカニズムは?

・景気が良い、悪いによって金利は変動します。・景気の良し悪しは、お金の需要に比例しています。

≫続きを読む

 

金利と物価の関係は?

一般的には、物価が上昇すると金利は上昇し、物価が低下すると金利も低下します。物価上昇時は、相対的に物の価値が上がり、お金の価値が目減りするからです。反対に、物価下落時は、相対的に物の価値が下がり、お金の価値が上がるからです。

≫続きを読む

 

金利と為替相場の関係は?

・為替相場が円高になると、物価が下がり金利も下がります。・日本と外国との金利差によって、外国の金利が上昇すると円安に進みます。

≫続きを読む

 

預金保険制度とは?

・預金保険制度は、万が一金融機関が破綻した場合にその金融機関に代わって預金者の保護を図る制度のことです。・運営は「預金保険機構」が行っています。・外貨預金などは、この制度の対象外なので注意が必要です。

≫続きを読む

 

預金保険制度の「資金援助方式」とは?

・資金援助方式は、救済金融機関に対して預金保険機構が資金援助を行う方式です。・保護される金額は変わりませんが、ペイオフ方式よりも優先してとられます。

≫続きを読む

 

預金保険制度の「ペイオフ方式」とは?

・「ペイオフ方式」は預金保険機構が直接、預金者に保険金を支払う方式です。・破綻金融機関において名寄せがすめば、保険金が支払われます。・保険金の支払までに日数がかかる場合には、60万円まで仮払金が支払われることがあります。

≫続きを読む

 

付保預金と付保対象外預金とは?

・付保預金とは、預金保険の対象になる預金等のことをいいます。・付保対象外預金とは、預金保険の対象にならない預金等のことをいいます。

≫続きを読む

 

預金保険制度で保護されない1000万円を超える分はどうなるの?

・預金保険制度で保護されるのは、1人につき元本1,000万円とその利息が上限です。・1,000万円を超える部分とその利息は、精算配当というかたちで支払われます。・外貨預金は対象外です。

≫続きを読む

 

証券会社が破綻したら?

・証券会社が破綻しても、有価証券自体は影響を受けません。・投資信託の場合も信託銀行等が分別管理を行っているため安全です。

≫続きを読む

 

金融商品販売法とは?

・金融商品販売法は、金融サービスの利用者保護を目的に2001年4月に施行された法律です。・金融商品販売法では、業者が重要事項の説明義務を怠った場合には、損害賠償責任を負います。

≫続きを読む

 

消費者契約法とは?

・消費者契約法は、消費者が事業者と契約したすべての契約が対象になります。・消費者契約法は、消費者契約の締結過程でのトラブルを解決します。・消費者契約法は、消費者契約の契約条項におけるトラブルを解決します。

≫続きを読む

 

外貨建商品と外為法の関係は?

・外貨建商品は、米ドル、ユーロなどで金融商品を取引する商品のことです。・外為法の改正により、個人投資家も簡単に取引ができるようになりました。

≫続きを読む

 

金融商品は収益性・安全性・流動性で選ぶ?

・金融商品は収益性・安全性・流動性のポイントに基づいて選択します。・収益性とは取引コストを差し引いた実質利回りの高さのことです。・安全性とは元本や利回りが確実かどうかということです。・流動性とは現金にしたいときにいつでもできるかということです。

≫続きを読む